岡山市・倉敷市エリアの水まわりのリフォーム(トイレ・浴室・キッチン)のことなら水まわりワークス

お見積り・お問い合せもちろん無料です。もちろん断っても無料です。しつこいセールスもしません。

お役立ちコラム

No.24 オープンキッチンのウソ・ホント

■「オープンキッチン」ってどんなものなの?
 現在、区切り壁が少なく開放的なキッチンは、すべてオープンキッチンと呼ばれる傾向があります。が、昭和40年代、50年代は事情が違っています。その当時、オープンキッチンと呼ばれたのは、次のようなキッチンでした。
 LDKと呼ばれる部屋は、広いひと部屋。そして、奥まった壁に沿ってシステムキッチンが備え付けられ、LD部とK(キッチン)部の境がないーこのような形式の台所を「オープンキッチン」と呼んだのです。つまり、リビングやダイニングと完全に一体化したキッチンが「オープンキッチン」となります。
 対面キッチンのように区切り壁の一部が外された形式は、正確に言うと“セミ・オープンキッチン”と呼ぶべきなのです。

■「オープンキッチン」の長所は?
 リビングやダイニングとキッチンを一体化させるメリットは、ずばりスペースを有効活用できるから。
 例えば、ダイニングテーブルをシステムキッチンのそばに置くとします。テーブルは調理を行う際の作業台として活用でき、料理ができあがれば、作業台からテーブルに復帰。テーブルに収めた椅子を引き出せば、それまで動き回っていた作業スペースが椅子のスペースに変わります。つまり、スペースが2倍に活用できたわけです。そのため、LDK全体で10畳程度しかないような場合、オープンキッチン方式が都合がよくなります。
 もう一つの長所は、調理作業をしている間、孤立しないこと。家族とふれあいながら、調理をつくることができ、自然と子供が手伝うようになるという長所も指摘されています。

■「オープンキッチン」の短所は何?
 長所の多いオープンキッチンですが、このところ数が少なくなっています。それは、大きな短所があるからです。短所とは、いうまでもなく、キッチンがLDから丸見えになり、臭いも広がってしまうことです。
 オープンキッチンの場合、換気扇は排気能力の高いものが必要になります。さらに、キッチンを常にきれいにしておくことが求められます。これは主婦にとってのプレッシャーになり、オープンキッチンが嫌われる原因にもなっているのです。

過去のコラムはこちら

更新情報

2019.08.16 お役立ちコラムを更新しました。

2019.07.23 お役立ちコラムを更新しました。

2019.06.18 お役立ちコラムを更新しました。

2019.05.21 お役立ちコラムを更新しました。

2019.04.19 お役立ちコラムを更新しました。

2019.03.19 お役立ちコラムを更新しました。

2019.02.19 お役立ちコラムを更新しました。

2019.01.18 お役立ちコラムを更新しました。

2018.12.19 お役立ちコラムを更新しました。

2018.11.20 お役立ちコラムを更新しました。

2018.10.17 お役立ちコラムを更新しました。

このページのTOPへ

メニュー

会社概要

岡山県知事許可(般-20)
第23305号

岡山市・倉敷市
上下水道指定工事店

水まわりワークス

住所:〒701-0221
岡山市南区藤田561-69

電話:0120-471-408

対象エリア

岡山市北区
岡山市中区
岡山市東区
岡山市南区
赤磐市、瀬戸内市
和気町、備前市、美作市
倉敷市、笠岡市、早島町
玉野市、総社市、浅口市
井原市、矢掛町、高梁市
※上記以外のエリアは
お問合せください。

関連リンク

サイト検索